service_inclined

組織戦略の ちょイノ


組織課題解決は
緊急性は無いが最重要です

商品/サービスは本当に良いが、質に比例した売上向上が出来ていない。そんな時は、今一度「組織課題」視点で自社の組織を俯瞰してみてください。組織課題を考える際には、短期的な視点ではなく中長期の視点をいれることが必要です。

組織課題の「ちょっとしたイノベーション」
  1. 情報共有が足りないところを把握する。
  2. 実務として根付く教育体制/研修を実施する。
  3. あるべきマネジメント層の姿を考える。
  4. 現場の潜在的欲求や課題を把握する。
  5. 仕組み化/ルール化が足りないところを見つける。

組織のサービス紹介


メンバー紹介


組織の課題解決に立ち向かう弊社のメンバーは、下記のスキルを徹底的にトレーニングされております。

健康コーディネーターの強みは

  • マネジメント業務を「売上向上」の視点で分析するスキル
  • 様々な業界の知識を基に、業界特有の固定観念を取り除くスキル
  • ブランド構築の知識を基に、「どう見られたいか?」を規定していくスキル
  • 従業員メンバーの潜在的欲求を引き出すためのコーチングスキル
  • 組織におけるロス/ミスを把握し、効率化のための仕組み化を考えるスキル

金融業界、メーカー、広告代理店、コンテンツ、印刷業、サービス業など幅広い業種業態に取り組んできたからこそ可能な客観的な視点で、貴社の課題解決を徹底サポートします。

「組織イノベーション事業部」
池田 斉正

最新の人財採用ノウハウで企業と応募者のベストマッチを実現させるスペシャリスト

「組織イノベーション事業部」
永井 寿也

顧客ニーズを引き出し、課題を解決するコンサルタント。アイデアと企画力は唯一無二

column_inclined

[ 組織戦略 ] ちょイノ!コラム


当コラムは、CPUの組織戦略イノベーションのスペシャリストが、豊かな経験と深い洞察力に基づき、今企業や市場に求められている最新の情報を記載しております。

特に、当コラムは当社の実績に基づき、企業様が「すぐに考えていただくこと」「すぐに行動していただけること」という観点で書かせていただいております。

企業の中にいては、気が付きづらい潜在的な課題やニーズを外部からの客観的な視点で切り込んでいきます。